街の医療を支える救急車

例えば、あなたが急に猛烈な腹痛に襲われたとします。自力で病院まで行くにはつらすぎる、さあどうしましょう?そんなときに役に立つのが、救急車です。あなたの手と成り足となり、すばやくあなたの症状に適した病院へと搬送してくれます。運悪く怪我をしてしまったときや、産気づいた妊婦などを搬送してくれるのも救急車です。救急車の役目は、それだけではありません。専門の知識を持った救命士が、病院につくまでの間に怪我の治療をしやすいように応急処置をしたりするのです。引き継いだ病院は、その病状や怪我の具合を救命士から引き継いで治療に当たるのです。まさに、街になくてはならない存在、それが救急車なのです。

救急車をタクシー代わりにするという話を最近よく聞きますが、本当に困っている人のために救急車が機能できなくなりますのでやめましょう。救急車の本業である、病気や怪我をした人をすばやく搬送するという役目が失われます。決してそういったことに利用しないようにしましょう。

救急車は、救急指令が入れば遅くとも10分以内に現場へ駆けつけます。人命を扱うわけですから、いかにすばやく対応できるかがカギとなってくるのです。ですから、救急車のサイレンが聞こえてきたら道を譲りましょう。救急車がいかに早く現場に到着できるかで、例えば心疾患で倒れた人の命を救える確率が格段に上がるのです。最近は、救急車以外にもドクターヘリというのが注目されています。救急車やドクターヘリは、人命を救う大事な役目を担っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です